MENU

e-rogo.gif
ERS Guide

You watch a video
ライン.jpg

1,The Environment Issue and Possibilities of ERS
2,ERS System and specification Raw material input
3,System Specifications
4,ERS’ Process Flow(Fertilizer, Animal feed, and Energy)
5,Core Technologies and Properties
6,Microbes and the Intellectual Property
7,Operation and Maintenance
8,Application and potential industry : Outline (Local Japan)

ライン.jpg
ERS presentation (English)001表紙.jpg
ライン.jpg
1,The Environment Issue and Possibilities of ERS

Local issues

1,Renewal demad for aging facility and infrastructures
2,Increased cost for inceneration treatment and disposal
3,Immediate action to reduce CO2 emission
4,Practical and sistematical way of treatment
5,Increasing feeds and fertilizer price

Global issues

1,Demand for renewal of sewage treatment faclity in developed country
2,Demand rise from developing country population concentrated city
3,Global issues on sewage treatment have no development
4,Basic inrastructure for water and sanitary independant of an area
5,Increasing feeds and fertilizer price

Major issue : feeds and fertilizer price increse

The price of Phosphorus for industrial fertilizer use is increasing. Consequently the Oils, Anmonia, Potassium Chloride price also increased. Phosphorus mining is rarely produce much volume so securing Phosphorus is the focal point.

Countermeasure the problem by recycling the food waste to secure the phosphorus resource.

ERS presentation (English)003背景と可能性.jpgライン.jpg
2,ERS System and specification Raw material input

ERS: A high speed fermentation & drying system employed indigenous microbes. It’s suitable for treating sludge & food waste with various moisture containing.

With a vapor generating system, such as boiler, provides ERS main unit with steam, reduces pressure, disturbs feedstock, enables the high speed fermentation & drying process. Adding a vapor cooling system, it becomes a design for no waste water, no odor (including feedstock odorless) process.

ERS presentation (English)004装置の仕組.jpg

Specifications

Process Capacity=0.5-100tn/day (please refer manual)
Technology=Heated and depressurized speed fermentation and dry
Indigenous Microbes ※=Local microbes selected & cultivated from soil near by the installation. (Further supply is no need)
Application=Any organic materials
Energy sources=Electricity (For whole system), Class A fuel Oil (for steam boiler)
Specialty=High speed ferment & dry. Need no bacterial replenishment, no waste water design

Input & the Output

Trash fish, Process waste=Convert to Fish Meal
Brewery waste (Bagasse)=Animal feed
Food waste=Animal feed or Bio Fertilizer
Organic waste=Animal feed or Bio Fertilizer
Food processing waste=Bio Fertilizer
Sewage and sludge=Bio Fertilizer or Fuel (Phosphoric can be collected)
Livestock dunk=Fertilizer with microbes, Fuel ( ※ P recover)

※ Only 3 microbes selected & remained. These 3 kinds are IPOD registered
※ Patent for whole system are obtained in 2007
ライン.jpg

3,System Specifications

ERS presentation (English)005基本仕様.jpgライン.jpg
4,ERS’ Process Flow(Fertilizer, Animal feed, and Energy)

ERS presentation (English)006フロー図.jpgライン.jpg
5,Core Technologies and Properties

ERS presentation (English)007コア技術特徴.jpg

Specific microbes are resident (Aerobic microbes)
(Different from regular anaerobic microbes) Disturb

-Microbes are selected and cultivated from local soil near by the installation
-Resident inside ERS main unit, no need to replace or refill after installed
-Stop operation, restart, no need to refill microbes (Ref. other pages)

Excellent total cost effectiveness

-Simple machines. No pre-process needed (mix ratio adj.) , odor treatment or inter process setup
-Easy maintenance (Simple structure, less troubles and high durabality)
-Space saving (Save cost for buildings and etc) *maintenance cost around at 5% every 7years
-Wastewaterless design (Saves on for wastewater treatment cost)
-Substantial volume decreaser (effective transportation). Dried, easy for handling)
-High nutrition fertilizer produced (higher market price bigger totalcostsaving)

Indigenous microbes control

The condition inside the system is controlled for best environment for microbes multiply, growth and mitigate

-Efficient fermentation and drying produce high quality and high value products

Flexible application

Possibility to collect phosphorus, CO2 reduction, combination with conventional system and many other possibilities

Environmental friendly

Indigenous microbes eliminate the bad odors (eliminate raw material bad smells)
ライン.jpg
6,Microbes and the Intellectual Property

Patented Microbes

ERS utilize specific microbes which are collected from the local soil for the fermentation and drying process. 3 types of microbes are specified and deposited to International Depositary Authority for the purpose of patent procedure.

ERS presentation (English)008微生物及び特徴.jpg

※ 3 microbes are the first Associated Microbes which were received for deposit in the world.

Patent Right
Patent Number 4153685
Patent registered on July 11,2008
Name of Invention: Microbes, Combinations of Microbes, and the methods of making organic fertilizers by using these microbes.

Microorganisms received

1,Deposit Number
   FERMBP-7504-FERMBP-7505-FERMBP-7506
2,Deposit on March 14,2001
3,Identification of Microorganisms
  Shimose1-Shimose2-Shimose3

ライン.jpg
7,Operation and Maintenance

ERS presentation (English)009運転メンテナンス.jpg

Selection of effective indigenous microbe and seed into ERS

■Operation and maintenance

-Microbes selections, multiplication and seeding required around 1 week.
-Manual raw material input and finish product output handling required.
-During operation, monitoring manpower 1 person required(Job task is to monitor the running condition, suitable vacuum condition for microbes, checking al the parameters and etc. )
-When trouble happened the operation can be paused and continued the next day.

■Raw material type exchange

When changing the raw material type, the cleaning method depend on the next raw material output usage (feed or fertilizer.

■Maintenance

General maintenance only required. The main body is tough enough for continuous operation permanently.

■Consumable parts

Motors need to be change about every 7 years. Vacuum pump, cooling water pump, vacuum valve replacement when exhausted.
ライン.jpg

8,Application and potential industry : Outline (Local Japan)

ERS presentation (English)010全体像.jpg

The system that maintain the cleanliness of water and resource recycling for the city

Dams, Lakes

Ferment&dry of dam/lake sludge

Agricultural

Rooftop greening, vegetables farming Tourism place and hotel waste recyling Systematic recyling of industrial waste

Sewage sludge

Ferment&dry Excreta, sewage sludge (Phosphorus resource, CO2 reductions)

Food Related

1,Brewer’s grains (Ferment & Dry)
2,Brewer’s waste liquid (Ferment & Dry)
3,Kitchen waste recycling system
4,Pre-dry system for mixed kitchen waste
5,Convert mixed kitchen waste into RDF
6,Waste of food industry into fertilizer, feed
7,Sludge from food industry

Livestock farming

Produce fermented animal feeds
Pig Manure/excreta treatment
Cow Manure/excreta treatment
Chicken excreta treatment
Carcass disposal

Agricultural

Agricultural product supplier

Construction/Shores

Shores sludges treatment by fermentation and drying

Fisheries

Process small fishes, carcass, starfishes and etc into fishmeals
ライン.jpg

ERS presentation (English)017家畜糞尿比較.jpg
The detailed explanation
http://e-gomi.okomari.net/

ライン.jpg
Introduction results
ライン.jpg
Inquiry

To the following address, please.
japan#tokyo-shop.jp
Please change# for@ and use
ライン.jpg

 

 

ERS Guide
ライン.jpg

1,ERSをとりまく背景と可能性
2,装置の仕組み
3,システム基本仕様
4,フロー図(肥料・飼料及びエネルギー)
5,コア技術・特徴
6,ERSの微生物及び特許について
7,運転・メンテナンス
8,活用・普及が期待される分野:全体像

ERSプレゼン資料001表紙.jpg

1,ERSをとりまく背景と可能

ERSプレゼン資料003可能性.jpg

国内の課題

1,施設・設備の老朽化と莫大な更新需要
2,焼却処理および処理コストの高騰
3,早急なCO2排出低減
4,処理物の有効活用と仕組みづくり
5,飼料・肥料の高騰

国外の課題

1,先進国の上下水道インフラ更新需要
2,新興国の急速な需要の伸び、都市への人口集中
3,世界各地の汚泥処理の行き詰まり
4,地域自立のための水と衛生の基盤整備
5,飼料・肥料の高騰

重要課題「飼料・肥料の高騰」

• 農業用肥料の原料となるリン(P)の価格が高騰。
• 原油、尿素(アンモニア)、塩化カリ高騰とあわせて打撃。
• リン鉱石は枯渇資源である為、リン確保は重要課題。

食品加工残渣の再利用 リン回収など課題の解決へ
(出所)肥料価格の現状等について(H20.7:農林水産省生産局)

ライン.jpg
2,装置の仕組み

急速土着菌増殖乾燥システム「ERS」

「土着菌」の力で、汚泥や食品残渣を高速発酵乾燥。 水をとりまく様々な分野に対し、非常に有効なシステム。

ERS:Environmental Recycling System

ボイラーなど、蒸気を発生するシステムからERS本体内に 蒸気を供給し、減圧して原料を撹拌する事で、高速発酵と 乾燥を可能にします。冷却・蒸散システムの付設により、 無排水・無悪臭設計(原料の臭いを除く)が可能です。

ERSプレゼン資料004仕組み.jpg

・装置概要

処理能力=日量0.5トン~100トン(仕様参照)
原理=加熱・減圧下での高速発酵、乾燥
土着菌=設置場所周辺の土壌菌を選択して定着(以後補充不要)
対象物=あらゆる有機性廃棄物
動力=電力(システム全体)、A重油(蒸気ボイラー)
特徴=高速発酵乾燥・菌体補充不要(低コスト)・無排水

※ 3種類が最終的に選択されて残る。3種類は特定されており、特許微生物として寄託済み
※ システム全体での特許を平成20年に取得

・原料と製品(例)

死魚・残渣=フィッシュミールとしてそのまま飼料化可能
焼酎かすなど=畜産飼料として利用可能(バカスも含む)
食品残渣=畜産飼料、菌体肥料としてそのまま利用可能
生ゴミ=畜産飼料、菌体飼料として利用可能(ふるいわけ)
食品工場汚泥=菌体肥料としてそのまま利用可能
上下水等汚泥=菌体肥料、燃料などとして利用可能(※P回収)
家畜糞尿=菌体肥料、燃料などとして利用可能(※P回収)

ライン.jpg
3,システム基本仕様

ERSプレゼン資料005基本仕様.jpg
ライン.jpg
4,フロー図(肥料・飼料及びエネルギー)

ERSプレゼン資料006フロー図.jpg
ライン.jpg
5,コア技術・特徴

 

ERSプレゼン資料007コア技術と特徴.jpg

定着できる微生物が特定されている (好気性菌 ※通性嫌気性 菌) 撹拌

• 設置現場周辺の土壌から普遍的にいる土着菌を選択的に培養。
• それをERS本体に定着させ、設置以後、補充や交換は不要。
• 運転停止・再開後も菌の補充等不要(別紙参照)。

トータルコストに優れる特徴

・装置がシンプル。複雑な前工程(水分調整等)、臭い対策、後工程(熟成等)が不要。
・土着菌使用で、菌の持ち込み、補充が不要(菌床交換なども不要)。
・メンテナンスが楽(構成要素が少なく、故障が少ない。耐久性も高い) ・省スペース(施設維持に費用がかからない)
※メンテナンスコストは7年で総設備費の5%程度
・無排水(排水処理に費用がかからない)
・大幅な減容化が可能(運搬費用の節約可)。乾燥によってハンドリングも楽。
・栄養価の高い肥料が製造可能(販売対価を得られる。トータルコストメリットに貢献)

この中で、土着菌の「増殖」→ 「撹拌」→「死滅」を行う。 土着菌にとって最適な環境下に 条件をコントロールすることで、 高速な発酵・乾燥を実現。

効率よく、発酵・乾燥が進み、製品が高機能・高価値。

発展性・応用性

加えて、リンの回収が可能で あることや、CO2の削減、既存 設備への適合など発展性や応 用性が高い。

環境対応

土着菌の働きにより悪臭がで ない(原料の臭いを除く)。

6,ERSの微生物及び特許について

特許微生物

ERSでは、装置を設置する現場周辺から採取した土壌中にいる微生物のうち、特定の微生物を発酵・乾燥に利用します。 それらは、3種類あることが特定されており、特許微生物として産業総合研究所の特許微生物寄託センター(IPOD)に寄託されています。

ERSプレゼン資料008特許について.jpg

※これらの3種類の菌は共生関係にあり、共生菌として寄託された世界初の事例です。

 

装置の特許情報 特許第4153685号 (特許取得日:平成20年7月11日) 発明の名称:微生物、微生物含有組成物、 並びに、該微生物を用いた 有機肥料の製造方法

寄託証明事項

1.受託番号=FERMBP-7504・FERMBP-7505・FERMBP-7506
2.受領及び寄託の日付 平成12年(2001年)3月14日

ライン.jpg
7,運転・メンテナンス

ERSプレゼン資料009メンテナンス.jpg

微生物(好気性菌) 現地の土壌 普遍的にいる土着菌を選択的に培養し、ERS本体に定着

■運転・メンテナンス

・微生物の選択培養を行い、定着させる為に、およそ1週間が必要
・処理品の投入、および処理後品の排出時に人員が必要。
・運転開始後は、運転状況を監視する人員が1名必要。
(必要な作業は撹拌が正しく行われているか目視する程度。
及び、微生物が活性化する真空度など、物理条件が保たれているか を計器で確認)
・トラブルが発生した場合でも、連続的な運転が必要ない場合は、一端運転を遮断し、翌日から復旧するというオペレーションも可能。

□処理物の変更

・処理物を変える時は、最終目的(堆肥か飼料化など)が、何になるかによって清掃方法が変わる。

□メンテナンス

一般的な要員で対応可能。機械本体もよほどの事がない 限り連続運転に耐えられる。

□消耗品

7年を目処にモーター類(撹拌機)、真空ポンプ、 冷却水ポンプ、真空調整弁について、腐食の場合交換。
ライン.jpg
8,活用・普及が期待される分野:全体像

ERSプレゼン資料010普及全体像.jpg

ダム・湖沼

ダム・湖沼汚泥の発酵乾燥処理

産業関連

1,屋上緑化土の製造と葉菜類の栽培
2,観光地・ホテルの生ゴミ再生利用
3,複合企業・企業内廃棄物有効活用システム

下水汚泥

し尿・下水汚泥の発酵乾燥処理 (剪定材利用、CO2削減、P回収

食品関連

1,焼酎粕の発酵乾燥処理 ②酒造廃液の発酵乾燥処理
2,混合生ごみの再資源化システム
3,混合生ごみの焼却前乾燥システム
4,混合生ごみのRDF化システム
5,食品加工残渣の飼料化・肥料化
6,食品加工汚泥の処理

畜産関連

1,発酵飼料の製造
2,豚糞尿の発酵乾燥処理
3,鶏糞の発酵乾燥処理
4,牛糞の発酵乾燥処理
5,廃家畜の処理

農業関連

農業資材の製造

建設・港湾

港湾浚渫汚泥の発酵乾燥処理

水産関連

小魚・魚加工残渣からの魚粉製造 ホタテウロ・ヒトデ・海草処理
ライン.jpg

 

ERSプレゼン資料017家畜糞尿処理.jpg

詳しくは下記へ(日本語版)
http://gomi.okomari.net/

お尋ねは下記へ
To the following address, please.
japan#tokyo-shop.jp
#@ に替えてください。